お弁当

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さいしょに♪

始めまして♪
新米ママのあややんです!
パソコン漫画大好き(´∀`)
ケド、最近漫画読めてない…(´;ω;`)ショボン



2008年4月12日に男の子のママになりました

新米ママで分からないことだらけやけれども、
可愛い悠翔(ゆうと)くんのために、
初めての育児、頑張りチューです



皆さんよろしくです(゚∪゚)ノ

 


生い立ち↓
精華幼稚園(卒園して1年後に廃園)→精華小学校(2年生で廃校)→南小学校→南中学校→清水谷高校→京都女子大学(2回まで行ってたような…お金なくなって辞めちゃった)

2006年バイト先で旦那チャンと出会う→
2007年8月妊娠発覚→10月10日入籍→11月1日結婚式→
2008年4月12日悠翔出産

2009年12月二人目妊娠発覚
2010年8月21日出産予定日



ゥチのこと知ってる人は声かけてね
そしてママ友さん募集中です

よろしくお願いしまーす(`・ω・´)



男の子で元気で甘えん坊な悠翔くん
いつまでもそのままでいて欲しいけど、きっといつかは旅立っちゃうんだね*
ママ*悠翔*まだ生まれてないお腹の子*パパ
いつまでも仲良しで
兄弟みたいな家族になろうね*^^*

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(お気に入りサイト)

  長良川ラフティング   名古屋の会席料理   ペーパードライバー 大阪

中学生頃からかな~ブランド物に興味を持ち始めたのは。その頃は親が持っているカバンなどをこっそり借りて鏡の前で服とあわせたりとかしてなんちゃって一人ファッションショーなどをしていました(笑)しかし見つかったときの叱られようといったらなかったです。今でもそれがトラウマで母親の持ち物は極力触らないようにしています。本格的に興味を持ったのは社会人になってからなんですが、あまりの値段の高さに手も足も出なくて泣く泣くウィンドウショッピングを重ねていました。私がずっと欲しがっているのはhttp://www.yochika.com/SHOP/103404/862046/list.htmlにあるエルメスなんですが、ブランドの中でもエルメスは桁外れなんです。とくにバーキンは私の永遠の憧れです。これを自分のお給料で買えた時はもう人生に悔いはないってほどに(笑)今の私の収入でもまだ無理があるので後数年は我慢するしかないです。友だちには彼にプレゼントしてもらばいいじゃないといわれますが流石にこれはおねだりできない金額ですよね・・(笑)それにこういう昔から憧れているものほど、自分で買って意味があるんだと思います。

会社のパソコン画面が気のせいかなって思うような不具合がでてきました。その不具合というのが、モニター画面の左端の下に細かい横筋が綺麗についていたんです。その横筋がとてもきれいについているので、そういうモニターだったのかなって思ってしまうくらいでした。上司に使うには問題はないんですが、こんな不具合があるんですが、どうしましょうって伝えたら、パソコン 修理 http://www.inversenet.co.jp/repair/ に出すからということで、前に仕事で使っていたパソコンと交換して、仕事をすることになりました。それから、どうなったんでしょう。今の所、前のパソコンのモニター画面も最初は違和感があったんですが、慣れてきたので、このままでもいいかなって思っていますが。データを残したまま修理したい時は、ハードディスクを開けて、HDDを取り出してHDDケースを2000円くらいで買ってきて、装着して、パソコン本体に差し込んで使います。データだけでも助かると、仕事の場合や、家族の写真などの場合、助かりますよね。

ことわざに、「磯の鮑の片思い」っていうのがありますが、あわびが二枚貝の片側しかない片貝に見えるところから、相手はなんとも思っていなくて、自分だけが相手に恋している事。両想いではなく、片想いのようだと例えたんですね。万葉集は、日本最古の和歌集で、奈良時代770年ごろのもので、4500もの和歌が載っています。その中の万葉集巻十一、2798に、「伊勢のあまの朝な夕なにかづくとふ、 鮑の貝の片思いにして」という和歌が出てきているぐらいですから、ずいぶんと昔からこのことわざのようにあわびは片想いを表していたんでしょうね。ちょっとロマンチックです。伊勢といったら伊勢志摩の海女さんの事じゃありませんか!あわびの通販で妊娠中のいとこのお腹の赤ちゃんのために、出産アワビを買ったんですが、その時に、あわびってどうやって取るんだろうって思って調べたら、海女さんのようなプロならいざ知らず素人ではなかなか難しいという事を知りました。そういえば、NHK朝の連続ドラマ小説「あまちゃん」面白いですね。アキが、アイドルとして仲間と頑張っている姿が初々しいです。

友達がせっかく新しい家に住めたと思ったのに欠陥がだらけでげんなりしているそうです。だいぶ格安の物件だと思って契約をした友人がが間違いだったのでしょう。旦那さんもこのまま訴えてやるといっていましたが、不動産屋が申し訳ないと頭を下げてリフォーム金をだしてくれると言ってくれたらしいです。正直リフォームをして直るかは分かりませんが、どの不動産屋が言うにはhttp://daiki-jyusetsu.com/に任せればきっと思い通りの家になりますとの事。何が思い通りじゃー!と怒りたくなりましたがもう契約済みだし住んでみてから色々と出てきたので、今更引越しをするというのも・・と思っていた時だったのでまぁリフォームをしてみるのも一つの手かなあなんて思いはじめ、どうせ全額負担してもらって駄目なら出て行けばいいだけですし。全部が全部欠陥だったというわけではないので一か八かにかけてみようかなと私に話してくれました。見た目や内装などはかなり気に入っているらしくこのまま手放すのには惜しい物件なので、もしリフォームをしてよくなったらいいなぁと思っているんだとか。さすがにリフォームをしてもまだ尚駄目な部分が見つかってしまったら他所へ移るつもりだそうですが。しかし安い物件で探すと交友事があるから心配なんですよねぇ・・・。

付き合って2年になる彼氏の家へご飯をつくりに行った時でした。もう2年も通っているのだから慣れた土地だとは思っていたのですが、普段は通らない道を通ったら少し入り組んだ裏路地へと入ってしまって少しだけ道に迷ってしまったのです。いざとなれば携帯のナビもあるしタクシーを呼ぶ事もできたので、少し興味方位で探索してみる事にしました。今日はhttp://www.purizasenka.com/で母にプレゼントを買おうと思っていたのですが少し予定を変更してしまいました。彼のアパートは街中にあるのですが、そこは少し街から離れてひっそりと木々に隠れてぽつんぽつんと家々が並んでいました。どの家もおしゃれなアンティーク調の素敵な住宅だったんですがその中でもひときわ目をひいたのは外観はまるでジブリにでも出てきそうな木のツタがうっそうとしたこじんまりとしたアンティークショップでした。最初はここは入ってはいけない何かだと思ったのですが、近くに酔ってみると看板が出ていて可愛らしい文字で「ようこそ!ご自由に見ていってください」と書いてあったので時間もあるし少し除いている事にしました。そこに入ると綺麗な音色が聞こえてきて外の木々達のざわめきと合わさって素敵なメロディーを奏でていました。まるでここだけ別空間のような雰囲気をかもし出していました。中から街は全く見えずに車の音も全く聞こえません。見えるものは生い茂る木々達と鳥のさえずりとオルゴールの音だけでした。店員さんはいなかったのですが、しばらくするとカランカランと奥の方からおじいさんが出てきました「いらっしゃい」と聞こえるか聞こえないかくらいの声で挨拶をしてくれました

美濃焼の作品を見に行きたいという事や、作品を自分でも作ってみたいというようなわくわく感を抱えての土岐市への旅行というのは、楽しみなものです。とくに歴史あるものがたくさんある場所でもあるので、まずは散策をしたいというように気持ちも高まるものです。とはいえ、やはり土岐市 宿泊 料理を先に確保しておくという方が安心です。土岐市では、年間を通じて、お祭りがあり、陶器市や、もみじのライトアップなども非常に楽しめる場所でもあるのでそういった、時期にはやはり、観光客も増えるということになるので、できるだけ宿の手配というものは早めに行っておくことがポイントです。また、土岐市内には色々な観光スポットもあるので、歩いていくだけではかなりの時間がかかってしまうということもあります。マイカーを利用して土岐を訪れるという事であれば、宿に駐車場があるかどうか、また、ない場合には近隣の駐車場などが利用できるかどうかを確認しておくことも忘れずに行いましょう。特に、美濃焼などをたくさん買い込んでしまうと、持って帰るのも一苦労ということがあるものですから、魅力的な器や陶器に出会って、みすみす逃して帰らざるを得ないということを防ぐためにも、マイカー利用というものは大事です。事前にどういった交通網があるのか、パーキングが利用できるところがあるのか、何時から利用できるのかというような細かなところまで調べておくことによって、気持ちよく街歩きを楽しむことができるようにもなります。まさに、昔からの文化をそのまま受け継いでいるということもありながら、新しいものへどんどん挑戦している街だからこそ、訪れることで何か楽しく新鮮なものを感じられるところでもあるのです。

懐中時計といえば、英国紳士のシンボルで高価なイメージが強く、現代では骨董品で売られている場合が多く、時計好きの男性にはたまらない一品となっています。英国紳士たちが懐中時計を持っていた西暦1500年代から1890年代は、一般的に普及していたのが鍵巻き時計式で、小さな専用の鍵を使ってゼンマイを巻いていました。ズボンのポケットに入れるので、ポケットウォッチとも呼ばれています。実は、紳士だけではなく貴族の間では淑女も持っていました。それを持つこと自体が、裕福な家庭で育ったという証拠であり、ファッションでいう流行の最先端でもあったのです。当時は貴族の間で大流行し、それが一般庶民まで購入するようになっていきましたが、金メッキやエナメル装飾、懐中時計 職人の細かい彫刻が施された豪華な物は手に入れることが難しく、値段もかなり高額であったため、持っていない人がほとんどで、一生に一度や二度買うことが出来れば奇跡に近いようなものだったのです。ですから、庶民はシンプルな装飾のない物を購入していました。その懐中時計が、今はお手頃価格で現代版に使いやすく改良されて、なんと電波時計版があったのです。電波時計と言えば、誤差が少なく安心して使える物として、世界中で認知されています。腕時計が主流になった今では、あまり見かける事も少なくなりましたが、電波時計であればネジを巻く面倒もありませんし、一度も使ったことがない人でも、躊躇なく買うことが出来ます。しかも、最近では調整不要のオートカレンダー付きで、手間もかからない懐中時計まであるのです。

最近のマリッジリングと言えばプラチナという人が多いのではないでしょうか? 最近ではゴールドが入った物や、ゴールドだけの指輪もよく飾ってあるのを見かけます。私たちのおじいちゃん、おばあちゃん世代はゴールドの飾り気のないリングが主流だったのか、私のおじいちゃん、おばあちゃんはゴールドの指輪をしていました。 時代と共に流行りは変わるのですね。 自分が毎日身につけるものなので、手になじむ物、色の材質を選びたいですね。 今思えば手を使う仕事だったので、傷つくのは気にならなかったのかな?と思うのですが、傷がつくからと外しておいては意味がありませんからね… でも、大切なペアリングですから、傷ついてしまうのは嫌だという気持ち分かります。 ここでも扱っています⇒http://whiteclover.net/fs/pair/c/25 そんな私は結婚指輪を普段付けていません。育児で子供に痛い思いをさせてはいけないと、妊娠して出産の機会に外して以来、付けなくなってしまいました。妊娠して指も太く、胴体も太くなりましたから…。手は体重増加に伴い、かなりむくんできましたね。むくんだと言うのか、成長したというのか… 出産が近くなり、産院からも、入院するまでに外しておいてくださいと言われました。 それから、何年がたちましたが、付け始めるきっかけもなくずっとボックスの中に入ったままの指輪。 せっかくの指輪が「私たちこれからもずっと身につけてもらえないのかな…。」って泣いていますよね。ごめんね。指輪さん、そろそろ、子供も大きくなってきたので、抱っこやスキンシップも少なくなってきたから、付けてもいいかなと思うのです。久しぶりに付けてみようかな。サイズ、合うかな…。